2017京都七夕祭りと花火大会の最新スポットと観光スポット

2017年の京都の七夕祭りと花火大会のオススメ最新スポットと観光スポットをご紹介します。また、8月から本番となる京の七夕の穴場スポットやデートコースもご紹介!京都各地のパワースポットやお祭り、花火大会の見どころや近くの駐車場、イベント情報などをお届けします。

2017京都祇園祭番外編!オススメの最新パワースポット巡り!?

f:id:hiro5470:20170710174547j:plain

前回、好評だった『2017京都祇園祭番外編!オススメのデートコース最新スポット!』の続編として、今回は、パワースポット巡り!をご紹介します!

奈良に次ぎ古い歴史を誇る古都京都には、たくさんの神社仏閣旧跡があります。

その中には、その場所自体が不思議なエネルギーに満ち満ちている、『いわゆるパワースポット』も数多く存在します。

 

人間生きていれば、良いこと幸せなこともあれば、悪いこと不幸が続くこともあります。特に悪いことや不運なことが続いて起こる時には、神仏に頼りたくなったり、お祓いをしたくなったりした経験はありませんか?

 

祇園祭以外にも楽しめる京都の最強パワースポット巡りをご紹介していきたいと思います。

 

 

 

映画「陰陽師」でも有名な最強パワースポット「晴明神社」!

 

f:id:hiro5470:20170710174531j:plain

京都の最新パワースポット巡りで、最初にご紹介したいのが「晴明神社」です。

この神社は、言わずと知れた「陰陽師」の開祖であるかの「安倍晴明」の居宅跡地に建立された霊力に満ち満ちたパワースポットです。

陰陽五行を顕すとされるミステリアスな五芒星が、この晴明神社には随所に見られます。

祀られている安倍晴明の強力な霊力により、魔除けや厄除けに非常に効力があるとされているパワースポットです。なお、神社内にある晴明井(安倍晴明がその念力で創ったと言われている井戸)からは、今もこんこんと水が常時湧いています。

f:id:hiro5470:20170710175030j:plain

この晴明井の湧水を飲めば、重い持病も改善すると信じられています。

日々鬱々としていたり、「最近良くないことばかり起こるなぁ」と感じている人は、京都のパワースポット巡りをこの晴明神社を起点に始めてみると良いでしょう。

晴明神社の場所

 

京都で良縁を結ぶパワースポット「安井金毘羅宮」

京都のパワースポット巡りにおいて、何か人生の中でとても悪い悪縁を切りたかったり、悪癖や悪い因縁を断ち切りたい人が訪れると良いパワースポットがあります。

それが、「安井金毘羅宮」です。

この安井金毘羅宮は、『悪縁を切り、良縁を結ぶ』とされる「縁切り神社」として有名なパワースポットなのです。

境内には、異様なくらいびっしりと願掛けのお札が貼りつけられた「縁切り縁結びの碑(いし)」があります。 この碑には強力な霊力が宿っていて、悪縁を断ち切ると言われています。

f:id:hiro5470:20170710175854j:plain

そしてこの縁切り縁結びの碑には真ん中に穴が開いていて、この穴を潜り抜けると、悪縁は断ち切られ、新たな自分に生まれ変われるとされています。

境内で販売されている「心機一転お守り」も大人気のパワーアイテムです。

 

京都で邪気やけがれを取り払うパワースポット「伏見稲荷大社」

次にご紹介する京都のパワースポット巡りの場所は、外国人観光客にも大人気のパワースポットで千本鳥居で有名な「伏見稲荷大社」です。

色鮮やかな朱色に染め抜かれた4キロもの長さに渡って続く鳥居の参道は圧巻の一言です。 朱色は、邪気を祓う強力な霊力を持つ色とされていて、この千本鳥居を潜って進んでいくことで、参拝者の身の内に籠って取れなかった邪気や、けがれが取り払われていくとされます。

f:id:hiro5470:20170710180059j:plain

外国人観光客もこの千本鳥居には圧倒され感動するようで、外国人が選ぶ京都の観光スポット人気ナンバー1がこの伏見稲荷大社です。

稲荷神社のお使いはキツネとされますので、参道にはキツネにちなんだお稲荷さんやキツネうどんのお店が立ち並び、独特の風情を醸し出しています。

京都の天狗の総本山「鞍馬寺」

f:id:hiro5470:20170710180543j:plain

京都のパワースポット巡り四か所目は、非常にその場所自体が、強い霊力地場を持っていると言われるパワースポットです。

山自体がご神体であり強力な霊的フィールドを持つ場所と言われる鞍馬山に建立されている鞍馬寺です。

 

鞍馬寺は、数ある京都の神社仏閣の中でも「最強のパワースポット」の呼び名の高いお寺です。

 

この鞍馬山は、かつては天狗の総本山と呼ばれ、かの源義経の若い時代、牛若丸と称した時代に、この鞍馬山で兵法や武術の数々を学んだと言われています。

 

この最強パワースポットの呼び名も高い鞍馬寺の御本尊は、毘沙門天と護法魔王尊と千手観音の三身が一体になった「尊天」です。 尊天は、宇宙のすべての生命を司る万能のエネルギーとされ、まさに最強です。

 

そんな最強パワースポットである鞍馬寺の中でも、更に一番最強と言われ霊力に満ち満ちている場所が、本殿前の広場の六芒星の描かれた場所です。六芒星とは、ヘキサグラムやダビデの星とも呼ばれ、強力な魔除けの護符としての意味があります。

f:id:hiro5470:20170710180557j:plain

鞍馬寺の六芒星の前に立つだけで、瞬時にけがれと邪気は祓われるほどパワーに満ち溢れた場所だといわれます。

 

特に、この六芒星の中心部分の三角形の石のパワーは超強力であり、気安くこの上に立つことは控えましょう。 何か取りついた邪気や不運のオーラを祓いたいという場合には、この最強パワースポット鞍馬寺を訪ねてみると良いでしょう。

京都で癒やしのパワースポット「上賀茂神社」

今回の京都のパワースポット巡りを締めるのが、京都市の北部の霊気を一心に集めている神聖なパワースポットです。

京都市の北方の山々の生命エネルギーを全て受けきり、それを清浄化して、南の京都の市街に吹き込んでいる霊的空気清浄機のような場所である「上賀茂神社」です。

 

上賀茂神社はパワースポットの中でも、「すべてをリセットし1からやり直す」のに縁起の良いエネルギーに満ちているとされています。 何か人生が上手くいかなかったり、行き詰ったりした局面にある人が、初心に帰りたいときに、ここを訪れると効力が強く表れるかもしれません。

f:id:hiro5470:20170710181108j:plain

中でも、楼門の向かい側にある岩山(「岩上(がんじょう)」)は湧き出でる霊力の源と言われていて、ここで願をかければ成就すると言われています。

 

境内にいるだけで、心穏やかになってくる癒しのパワーにも満ち溢れた優しいパワースポットでもあり、現代社会で深く傷ついたり、心が疲れ切ってしまった人には最適のパワースポットです。

まとめ

いかがだったでしょうか?

京都はその古い歴史ゆえに、幾つも由緒正しいエネルギーに満ち溢れたパワースポットがあり、何通りでもパワースポット巡りをすることは可能です。

ここでは、そんなパワースポット巡りの中でも、主に今まであまり人生が上手くいっていなかった人が、心機一転運気を改善したい時に訪れると有効なパワースポット巡りにしてみました。祇園祭や京の七夕以外でも京都のまた違った魅力が伝わったのではないかと思います。

風水や陰陽道に基づいて配置されている京都ならではの根拠のあるパワースポットも多く魅力的ですよね。