2017京都七夕祭りと花火大会の最新スポットと観光スポット

2017年の京都の七夕祭りと花火大会のオススメ最新スポットと観光スポットをご紹介します。また、8月から本番となる京の七夕の穴場スポットやデートコースもご紹介!京都各地のパワースポットやお祭り、花火大会の見どころや近くの駐車場、イベント情報などをお届けします。

2017京都天橋立「文殊堂出船祭花火大会」の日程と最新情報

f:id:hiro5470:20170720160435j:plain

京都の天橋立にある智恩寺文殊堂の伝統行事である出船祭のクライマックスに開催される花火大会です。
文殊堂出船祭では、智恩寺に古くから伝わる「久世戸縁起絵巻」の舞台が演じられ、クライマックスでは、海上に浮かび上がる打ち上げ花火や、まっくらな夜空をスターマインなどの花火が彩り豊かに演じます。
古くより伝わる絵巻の舞台と、きらびやかな打ち上げ花火に寄る演出で、幻想的な海上絵巻が鑑賞できます。

「九世戸縁起(くせとえんぎ)」

youtu.be

太古の昔、「いざなぎのみこと」「いざなみのみこと」という神様が、日本列島、そして天橋立をお造りになりました。この神様が出来上がった地上をご覧になりますと、悪龍が大暴れしていて人々が住む事ができません。神様たちは、毎日相談されました。やがて、いざなぎのみことの申されますには、「何といっても、中国五台山におられる文殊菩薩こそ智恵第一の仏様で、昔から龍神の導師である。悪龍もきっと改心するであろう」と。そこで神様たちは、五台山から日本海の荒海を越えて、文殊菩薩を丹後天橋立のこの九世の戸(天橋立)へお迎えされたのであります。文殊菩薩は千年の間、この地でやさしく慈悲の心をもって説法をされました。やがて改心して善龍となった龍は仏に帰依し、人々を守護することを誓ったのであります。

引用元:

天橋立「文殊堂出船祭」 | 「海の京都」天橋立観光ガイドー天橋立観光協会|日本三景|

 2017京都天橋立「文殊堂出船祭花火大会」の日程

youtu.be

  • 打ち上げ数:約500発
  • 昨年の人出:約2万人
  • 開催日時 2017年7月24日(月)20:00~20:45
  • 荒天の場合 小雨決行(荒天時は中止)
  • 問い合わせ先 0772-22-2553 天橋立智恩寺
  • 有料席 なし

 

2017京都天橋立「文殊堂出船祭花火大会」の交通

  • 電車をご利用の方
  • 京都丹後鉄道天橋立駅から徒歩約5分
  • 車をご利用の方
  • 京都縦貫自動車道宮津天橋立ICから国道176号、府道2号経由で天橋立方面へ5km
  • 無料駐車場:約1000台 

 

2017京都天橋立「文殊堂出船祭花火大会」の打ち上げ場所

天橋立「文殊堂出船祭」

 

2017京都天橋立「文殊堂出船祭花火大会」の最新スポット

youtu.be

京都の天橋立にある智恩寺文殊堂の伝統行事である出船祭のクライマックスに開催される花火大会になるので、やはり智恩寺で「久世戸縁起絵巻」の舞台を鑑賞した流れで、打ち上げ花火を鑑賞するのが一番です!

舞台のクライマックスに、海上に浮かび上がる打ち上げ花火がまっくらな夜空と海上を明るく照らし出し、幻想的できらびやかな光景を見ることができるでしょう。

智恩寺で開催される舞台は無料で鑑賞することができるので、お金もかかりませんね

天橋立海水浴場も近くにあるので、海水浴の帰りに寄るのも1つでしょう。