2017京都七夕祭りと花火大会の最新スポットと観光スポット

2017年の京都の七夕祭りと花火大会のオススメ最新スポットと観光スポットをご紹介します。また、8月から本番となる京の七夕の穴場スポットやデートコースもご紹介!京都各地のパワースポットやお祭り、花火大会の見どころや近くの駐車場、イベント情報などをお届けします。

2017「京の七夕」浴衣デートの最新デートスポット!

f:id:hiro5470:20170801172617j:plain

京都は古い都で、日本そのものといっても良い日本文化を育んできた街です。

そんな京都は、四季折々で違う顔を見せ、そのどれも非常に美しい観光都市でもあります。京都の夏の大きな催し物といえば、やはり何といっても祇園祭を思い浮かべる人が多いでしょう。

 

また、お盆の五山の送り火も有名ですね。

そして、京都の真夏を盛り上げているもうひとつのイベントが「京の七夕」です。


京の七夕は、旧暦の七夕にあたる8月の上旬の時期に、京都市内各所各会場で、それぞれに個性を打ち出した七夕祭りを盛り上げます。
そして、涼やかで夏の夜の風情満点の京の七夕には、浴衣デートするカップルも多く見られます。


京の七夕の夜、各会場から少し足を延ばして、周辺を浴衣デートするのに最適な浴衣デートの最新スポットなどを考えていきたいと思います。

 

2017「京の七夕」貴船神社で浴衣デート!

f:id:hiro5470:20170801172641j:plain

「水の神様」で有名な貴船神社は、「京の七夕」屈指の浴衣デートスポットです。

お盆のころまで毎夜行われる「七夕笹飾りのライトアップ」は綺麗な笹飾りがライトに照らされて、二人の心を一つにしてくれるのではないでしょうか?


まるで、天空の天の川を境内に下ろしてきたかのようなファンタジー空間は、真夏の夜の浴衣デートにはこれ以上ないシチュエーションと言えます。

f:id:hiro5470:20170801173745j:plain


また、貴船の川床は、手を伸ばせば届くくらい清流が近くを流れる座敷が異次元空間のように美しくライトアップされた世界で、浴衣デートをこの上ないほど盛り上げます。


浴衣デートには、京の七夕の開催会場である京都市の中心エリアから少しだけ足を延ばして貴船神社周辺を散策することをオススメします。

 

2017「京の七夕」嵐山温泉で浴衣デート!

f:id:hiro5470:20170801172717j:plain

京の七夕が開催される地域は京都市内でも、かなり都心の中心市街地です。
ですから、浴衣デートに最適なオススメスポットといえば、鴨川や堀川の川べりです。

しかし、京の七夕の夜に「穴場の」浴衣デートの最新スポットは、京の七夕会場のある京都市中心エリアから少し足を延ばしたところにある嵐山です!

嵐山といえば、外国人にも大人気の京都を代表する観光スポットですが、実は夏場の浴衣デートにも最適な施設があるのです。


それが、京都嵐山温泉『風風の湯』です。

【公式】京都 嵐山温泉 湯浴み処 風風の湯(ふふのゆ) / 京都 ホテル 宿泊情報 ホテスパ - HOTESPA.net


阪急嵐山駅からなんと徒歩1分というアクセスの良さの立地に、料金たった1000円で利用できる温泉施設があるんです。


近辺の渡月橋などの観光名所をそぞろ歩き、スイーツなども食べ歩いて汗をかいた浴衣デートで、さっぱりと温泉に使って汗と疲れを洗い流して、さっぱりして夜は京の七夕会場へ向かう…。


このような浴衣デートプランも変わっていて良いのではないでしょうか?

f:id:hiro5470:20170801173730j:plain

京の七夕の夜を盛り上げる浴衣デートで気を付けたい注意点とは??

浴衣デートは京の七夕はじめ、趣ある夏の京都の街には最高に映えるスタイルですが、気を付けたい注意点も幾つかあります。


浴衣の着崩れはみっともないので彼女に気を使って歩こう!

f:id:hiro5470:20170801173804j:plain

浴衣デートは風流だし、オシャレだし、涼し気で最初は良いのですが、京の七夕のような夜祭イベント会場などを歩いているうちに、だんだんと浴衣が着崩れを起こしてきます。

このような着崩れを防止する対策としては、「普段より小さめの歩幅で歩くことを心掛ける」という注意点が挙げられます。

普段より早く歩けないので、彼女の歩く速度に気を使ってあげましょう!


また、帯が緩んできてしまった場合は、彼氏が持参したハンドタオルを折って帯の下に挟み込むと、帯が固定されて緩みにくくなり、着崩れも防止してくれます。

 

浴衣の下には和装用肌着を着よう!

f:id:hiro5470:20170801173842j:plain

浴衣デートで注意しなくてはならない点のもう一つは、浴衣で動くと思ったより蒸れて暑い、という点です。せっかくの涼し気な浴衣デートなのに、京の七夕の各種の夜店やイベントを見て回るたびに汗ダラダラなんてことになりかねません。


これを防止するためには、浴衣の下には和装用肌着を着ましょう!

和装用の肌着は、主に木綿の素材から作られていますので吸水性が抜群に良いので、汗をかいても吸ってくれます。


せっかくの浴衣デートが、汗を気にして楽しめないなんてことにならないように、頭に入れておきましょう!

こちらの記事もオススメです。

kyoto-hanabi.hatenablog.com