2018京都 納涼床と七夕祭りと花火大会の最新スポットと観光スポット

2018年の京都の納涼床と七夕祭りと花火大会のオススメ最新スポットと観光スポットをご紹介します。また、6月から本番となる鴨川の納涼床と8月から本番となる京の七夕の穴場スポットやデートコースもご紹介!京都各地のパワースポットやお祭り、花火大会の見どころや近くの駐車場、イベント情報などをお届けします。

2018京都五山の送り火の詳細情報と最新スポットをご紹介!

https://www.kyokanko.or.jp/okuribi/image/photo/photo_m_01.jpg

京都4大行事「京都五山送り火」は毎年8月16日に行われ、お盆に迎えた精霊をあの世に送る歴史的・仏教的行事です。有名な送り火「大文字」から「妙法」「舟形」「左大文字」「鳥居形」が五山で次々と点火される夏を代表する京都の行事です。

一時間ほどの短い行事ですが、このために毎年10万人もの人々が京都を訪れ見物します。

京都五山送り火の起源は、平安時代や室町時代、江戸時代からなどいつ誰がどのように始めたのかは諸説いわれており、現在でも謎に包まれています。

今の形になったのは明治~昭和初期というのだから驚きですよね。それまでは五山だけでなく他の山でも点火されていたようです。

 

2018「京都五山の送り火」のスケジュール

◆開催日時:2018年8月16日午後8時点火(雨天決行)

◆会場:京都市内各所

◆点火スケジュール

  • 大文字→8時00分点火
  • 妙法→8時05分点火
  • 舟形→8時10分点火
  • 左大文字→8時15分点火
  • 鳥居形→8時20分点火
  • (各山30分点火)

◆問い合わせ先:京都府観光政策課 075-414-4843

 

京都までの交通機関

◆鉄道

  • 大阪から JR大阪駅からJR京都駅へ 新快速で約30分

◆自動車

  • 名神高速道路 京都南ICより約20分 京都東ICより約30分

※京都五山送り火の当日は、各所交通規制があるので車で来られる場合は情報をよく確認してください。大変混雑しますので、見物のための各所への移動は公共交通機関を使っての移動をおすすめします。

 

2018「京都五山送り火」の各会場は?ベストスポット!

◆「大文字」(東山如意ヶ嶽)

京都五山の送り火で最大規模の送り火です。標高の高い山なので比較的よく見えます。

【定番スポット】
  • 京都御苑
  • 賀茂川堤防付近や鴨川デルタ
  • 白川通今出川付近(銀閣寺道付近)

【穴場スポット】
  • イオンモール京都五条屋上駐車場(当日開放予定)
  • 京都大学正門付近

 

◆「妙法」(松ヶ崎西山・東山)

標高が低い山なので遠くからは見えにくいです。近くで見ると臨場感を味わえるのでおすすめ!

【定番スポット】
  • 北山通り(ノートルダム女学院近く)
  • 高野川堤防(高野橋北)
  • 宝ヶ池公園(「法」のみ)
【穴場スポット】
  • 出雲路橋

◆「舟形」(西賀茂船山)

【定番スポット】
  • 北山通(北山通りから北西)
  • 賀茂川堤(北山大橋~西賀茂橋付近)
【穴場スポット】
  • 京都ゴルフ倶楽部の舟形コース(当日開放予定)

◆「左大文字」(大北山)

【定番スポット】
  • 西大路通(西院〜金閣寺)
【穴場スポット】
  • 東大路通(平野神社・カトリック衣笠教会付近)

◆「鳥居形」(嵯峨鳥居本曼荼羅山)

【定番スポット】
  • 渡月橋
  • 松尾橋
  • 広沢池
【穴場スポット】
  • 華西山化野念仏寺周辺

◆その他

船岡山公園やイオンモール京都五条は複数の送り火が見られるのでおすすめです!

 

2018「京都五山送り火」のまとめ

今年も「京都五山送り火」の日がやってきました!

点火時間に合わせて多くの人が京都市内に見物に行くため大変な混雑が予想されます。早めのスポットの確認、移動で1時間足らずの短い行事をあなたなりに思いっきり満喫しましょう!

広告を非表示にする