2017京都七夕祭りと花火大会の最新スポットと観光スポット

2017年の京都の七夕祭りと花火大会のオススメ最新スポットと観光スポットをご紹介します。また、8月から本番となる京の七夕の穴場スポットやデートコースもご紹介!京都各地のパワースポットやお祭り、花火大会の見どころや近くの駐車場、イベント情報などをお届けします。

花火大会デートを車で楽しむためのポイント!

f:id:hiro5470:20170709151637j:plain

真夏の風物詩である花火大会-


日本全国各地で、じつにさまざまな花火大会が開催され盛況を極めています。花火大会はデートを楽しむカップルのシーズンでもあるので、失敗はしたくないものですね。準備葉万端にして、望みましょう!

 

そんな花火大会デートですが、皆さんは、花火大会の会場までどんな交通手段で行きますか??


近所の花火大会だったら、浴衣に手をつないで、徒歩でしょうか?
電車やバスなどの公共交通機関を使って行くのでしょうか?
それとも車で行くのでしょうか?

この記事では、車で花火大会に行く場合のポイントについて、ご紹介していきたいと思います。

 

都会の花火大会には基本的に車で行くことは諦めよう!

f:id:hiro5470:20170711215814j:plain

住んでいる地域で大きく変わってくる車で花火大会に行くことの実現性ですが、限りなく実現性が低い地域があります。

それは、都会で開催される花火大会です。

東京に住んでいる人なら言わずともおわかりいただけると思いますが、東京都心の交通量の多さは普段から常軌を逸しています。 環七で渋滞、明治通りで渋滞、首都高でも渋滞といった具合に、渋滞がレギュラーな状態なのが東京の平時です。

まして、都心の街に車で買い物や食事に行こうものなら、それこそひどい目に遭いますよね?渋谷や新宿などの繁華街にはそもそも車を駐車するスペースなどありません。

あったとしてもデパートや施設やビルの駐車場であり、この料金は1時間数千円といったバカ高い相場であり、しかも満車状態が普通です。

ですから、東京の人で自家用車で都心を移動できる人は、各所に会員になっている毎月10万円を超えるような会費を支払って都心に駐車スペースを確保している富裕層、セレブだけです。

一般の人は、パーキングメーターなどのコインパーキングが運よく空いていればなんとか駐車はできますが、花火大会の時に近くのコインパーキングが空いてることはほぼ無いと思っていいです。

ましてや、東京で開催される花火大会のようなイベント日には、広い範囲に渡って交通規制が行われ、通行止めになるエリアも周辺は多くなります。

まず都会の花火大会の場合には、車で行こうなどと思わず、おとなしく電車で会場に向かいましょう!

地方の花火大会なら車で行くことも可能ですが、事前調査も怠らずに!

f:id:hiro5470:20170711225218j:plain

都会で開催される花火大会は、基本的に車で行くのは難しいですが、田舎の地方で開催される花火はどうでしょうか?

大都市圏と違い、それ以外の地方では、基本的に車社会であり、公共交通機関が貧弱な分、移動の主な手段は自家用車による移動となります。

なので、花火大会の当日も、その地方の地元民は、まず発想として、車で花火大会に行こうとします。 それゆえに、地方で開催されてる花火大会には、巨大なスペースに特設駐車場や臨時駐車場を設営する場合が多いのです。

しかし、普段はそれほど人口の多くない田舎であっても、花火大会のような一大イベントでは近隣の市町村や隣県などから、大勢の花火見物客が集まってくるために、この駐車場もすぐに埋まってしまいがちです。

そこで、地方の花火大会に車で行く場合のオススメは、会場の特設駐車場ではなく、その近隣のショッピングモールやホームセンター、パチンコ屋などの駐車場、もしくは遅い時間なら少し歩いた場所のコインパーキングに停める方法です。

地方の場合には基本的に車社会で日常から、地元民は車で移動しているので、どんな施設であれ、そこそこ広大な駐車場があるのです。

 

少し歩くだけでそのような駐車場が1つや2つは必ずありますから、それらを事前にチェックして抑えるようにしておきたいものですね。


花火大会デートを車で楽しむには、事前に駐車スペースがあるかを確認してから出る

 

都会の花火大会には、最初から車で行かないことが基本ですが、わりと田舎の花火大会の場合にも、油断は禁物です。

なぜなら、花火大会には、普段とは比較にならないほど多くの人が訪れ、その分大量の車がやってくるからです。

コインパーキングなど、普段はガラガラでも、花火大会の当日には、あっという間に満車なんてよくあることです。

ですから、楽観視してタカをくくって、何の手も打たずに車で、出かけたらドツボに嵌ってどこにも駐車できず、挙句に花火大会のデートも上手く行かずに、、、なんて笑えないオチになったりもします。

なので、コインパーキングなどは、必ず、出発前にネットで現在の駐車場の空き具体、埋まり具合をチェックしてから出かけるようにしてください。

NAVITIMEなどを利用すれば、駐車場の満車空車状況がリアルタイムで確認できますし、その場で予約を入れることも可能です。

必ず、これらをチェックしておきましょう!


花火大会デートに車で行かなければ成功しない絶景スポットもある!

f:id:hiro5470:20170712164705j:plain

まさに花火大会デートは車で行かないと見れない花火の鑑賞方法も存在します!

主に、海や湖などの花火大会で、近くに小高い山などがある地形だとそのようなポイントが必ずあります。

例を挙げておくと、『びわ湖大花火大会』では、車で比叡山の山頂まで登って、上から花火を見下ろすと、花火と大津の夜景が一緒に見れて、えも言われない絶景です。

この独特の花火の鑑賞の仕方は、下界の花火大会会場の人々は知る由もなく、車で見るカップルだけの特権です!

こういう光景を彼女だけに見せるとどうなるでしょうか?

また、初めて花火大会に誘った女性に見せるとどうなるでしょうか?

ココからは想像ので世界なのでおまかせしますが、花火大会デートを車で行くには、花火大会周辺のコインパーキングを調べるのも大切かもしれませんが、花火大会デーを成功させるコツは意外と別のところにあるかもしれませんね?