2017京都七夕祭りと花火大会の最新スポットと観光スポット

2017年の京都の七夕祭りと花火大会のオススメ最新スポットと観光スポットをご紹介します。また、8月から本番となる京の七夕の穴場スポットやデートコースもご紹介!京都各地のパワースポットやお祭り、花火大会の見どころや近くの駐車場、イベント情報などをお届けします。

2017「京の七夕」岡崎会場のみどころと楽しみ方!?最新スポット情報!

f:id:hiro5470:20170801161453j:plain

古い歴史に彩られた古都・京都は四季折々で、実に様々な催しものや風物詩となる行事が満載です。その中でも、夏の京都は盆地気候のため蒸し暑く、だからこそより一層涼やかなイベントが好まれます。


七夕祭りといえば、日本全国で古来から親しまれている風習ですが、一般的には7月7日に笹に願い事を書いた短冊を結び付けてお祈りするイベントです。


京都で夏の恒例行事として定着しつつある「京の七夕」は、その歴史はまだ新しく、2010年から始まった、京都の真夏のニューカマーイベントです。7月7日ではなく、今日の七夕は旧暦の七夕にあたる8月の上旬に行われます。


7月に全国から見物客が集まる有名な祇園祭があり、同じく大規模な伝統行事である五山の送り火が行われるお盆までの間の時期にあるのがこの京の七夕というわけです。


京の七夕は、京都市中の多くの会場で開催されますが、ここでは、その中の一つである岡崎会場をピックアップしていきたいと思います。

 

2017「京の七夕」が開催される岡崎会場ってどんなとこ??

f:id:hiro5470:20170801161518j:plain

京の七夕の開催会場の一つである岡崎会場のある岡崎地区は、京都市左京区にあります。

岡崎神社や平安神宮などの多くの文化的価値の高い寺社を持ち、都市景観100選にも選ばれている岡崎地区は、その街並みが、文化財保護法によって、「重要文化的景観」に選定されています。


京の七夕の岡崎会場の中心になる岡崎公園には、国立近代美術館、京都府立図書館、京都市動物園、平安神宮など、京都の文化や産業、観光施設群が集まっています。

岡崎公園前を流れる琵琶湖疎水では、ここから引いた水で、京の伝統的食文化を支えてきた蔬菜栽培が路地裏で行われ、古の京の街の風情満天です。

f:id:hiro5470:20170801161542j:plain


この岡崎地域の比較的広範なエリアが、8月11日~8月13日の期間、「京の七夕」岡崎会場として賑わいます。

 

2017「京の七夕」岡崎会場で行われるイベントとそのみどころ・楽しみ方とは??

京の七夕の数ある会場の中でも、岡崎会場は文教地区の側面もあるせいか、学生ボランティアなどが大学祭に近いノリで盛り上げようという意欲を感じる会場です。


コンセプトが、大学祭のように多段式になっています。


2017年の京の七夕・岡崎会場のテーマは『京の七夕 岡崎プロムナード 星の響宴』と銘打たれています。


これは、京の七夕とコラボさせた連携イベントで、岡崎地域をどんどん盛り上げていこうという意欲的な取り組みであり、その内容「3つのプロムナード」に分類されいます。

 

2017「京の七夕」岡崎会場の開催テーマ「3つのプロムナード」

その明確なコンセプトを打ち出している「京の七夕」岡崎会場の、メインテーマである「3つのプロムナード」について、以下にご紹介したいと思います。


光のプロムナード

f:id:hiro5470:20170801162428j:plain

 平安神宮の大鳥居から応天門までを午後7時~午後9時までライトアップして「光の道」に見立てる幻想的な演出を施します。


岡崎プロムナードにおいても、花灯路を設置したり、、願い笹をライトアップでロマンティックに演出して非日常空間を作り出します。


音のプロムナード

f:id:hiro5470:20170801162446j:plain

 岡崎公園に、「Acoustic Live Stage」を設営し、数々のアーティストのライブを行います。8月11日と12日の夜、実に多彩なアーティストの面々が京の七夕を盛り上げます。

 

午後4時~午後8時半まで開催予定


この他の岡崎会場エリアでも、ジャズバンドやクラシック(交響楽団)、高校の吹奏楽部まで様々な音のプロムナードを楽しむことができます。


食のプロムナード

f:id:hiro5470:20170801162510j:plain

 そして、岡崎会場第三のプロムナードは食がテーマです。

午後3時~午後9時まで岡崎地域の飲食店、並びに周辺地域の飲食店が岡崎公園内に出店のフードブースを出します。軽食からスイーツ、ドリンク類まで、京の七夕の夕涼みで一休みに、腹ごしらえに多くの出店が腕を競って軒を並べます。


以上3つのプロムナードが織りなす京の七夕岡崎会場は、幅広い客層の人たちが楽しめる多様性を持った開催会場となっています。

 

まとめ

京の七夕の中でもかなり広いエリアの会場となる岡崎会場についてご紹介してきましたがいかがだったでしょうか?


平安神宮の大鳥居のライトアップは花見のシーズンは有名ですが、京の七夕でも盛大に行われるのは楽しみですね。